コエンザイムQ10の豆知識

コエンザイムQ10とアスリート

健康増進や病気の予防に効果があると注目されているコエンザイムQ10。その効果は一般の人だけでなくプロスポーツ選手やアスリートからも高く評価されています。

なぜアスリートがコエンザイムQ10を利用するのか? その理由について、詳しく解説します。

アスリートがコエンザイムQ10を摂取するワケとは?

プロスポーツ選手や世界のトップアスリートがコエンザイムQ10(以下CoQ10)を摂取するのは次の4つの効果を得ることが目的と考えられます。それは「持久力の向上」・「心肺機能の強化」・「疲労回復」・「安全性」の4つです。それぞれの効果について解説します。

アスリートがCoQ10を利用する理由1.“持久力の向上”

体や筋肉を動かすには、食べ物などから摂った糖質や脂質をエネルギーの元となるATP(アデノシン三リン酸)という分子に変えなければなりません。これは一般の人でもアスリートでも同じです。

ATPは大きく分けると解糖系とミトコンドリア系の2つの代謝経路から作られます。解糖系では糖質(ブドウ糖)を分解してATPを取り出し、ミトコンドリア系ではブドウ糖や脂質をクエン酸回路などで代謝させてATPに変換します。

要するに、動かすエネルギーは細胞の中にある解糖系とミトコンドリア系という2つの工場から作られているのです。そしてCoQ10は主にミトコンドリア系の工場でATPを産生する働きをしています。

解糖系とミトコンドリア系で作られるエネルギーには異なる特徴があります。解糖系では、酸素がなくてもエネルギーが作られるため、すばやく瞬発的な力を生み出すことができます。しかし、エネルギーの産生効率が悪くすぐに燃料切れを起こしてしまいます。

一方、ミトコンドリア系では酸素を取り込みながらエネルギーを作るので、ATPの産生効率が高く持続的に大量のエネルギーを作り出すことができます。ミトコンドリア系で作られるエネルギーは解糖系で作られるエネルギーの18倍以上にもなります。

激しいトレーニングを繰り返すアスリートにとっては、解糖系のエネルギーだけでは十分ではなくミトコンドリア系で作られる持続的なエネルギーが必要です。持続的なエネルギーは持久力と言い換えてもいいでしょう。

つまり、アスリートがトレーニングでCoQ10を摂取する理由の一つは、ミトコンドリア系で作られる持続的なエネルギーつまり“持久力”を高める目的があるのです。

アスリートがCoQ10を利用する理由2.“心肺機能の強化”

一つの細胞には100~2,000個のミトコンドリアが存在します。特に心臓や肺は生命の根幹に関わるため、エネルギーを生み出すミトコンドリアが他の部位に比べて多く存在しています。

激しいトレーニングなどによってミトコンドリアが不足すると、たちまち心肺機能に影響が生じます。どのようなスポーツでも心肺機能を高めることなく優れたパフォーマンスは生まれないでしょう。

アスリートにとっては心臓や肺のミトコンドリアを不足させることはできないのです。そこで、心肺機能を高く維持する目的でCoQ10を摂取するのです。

また、CoQ10はもともとは心臓病の治療薬として開発された経緯があり、心臓の筋肉を賦活する(活発にする)働きがあります。心臓が全身に血液を送り出すポンプ機能を高めることで、心肺機能を向上させることができるのです。

さらに、骨格筋(運動時に使う筋肉)の中のミトコンドリアは有酸素運動を長く続けるほど増殖し、ATPの産生量も多くなります。心肺機能が向上し筋肉に酸素が十分送られることで、筋肉でのエネルギー産生能力が高まるので、筋力の強化にもつながります。

アスリートがCoQ10を利用する理由3.“疲労回復を早める”

激しい運動をすると体内には疲労物質の乳酸が大量に発生します。プロスポーツ選手やアスリートであれば、乳酸の発生量は一般の人の何倍にもなるでしょう。

体内にCoQ10が多くあるほど細胞の働きが活性化され、筋肉などに蓄積する乳酸や老廃物を除去する働きが高まります。つまり、試合やトレーニングでの疲労を早く回復させることができるのです。

また、最近では疲労の原因は乳酸だけでなく、活性酸素が影響しているとも考えられています。CoQ10は活性酸素を除去する強い働きがあるため、乳酸だけでなく活性酸素による疲労の回復にも役立ちます。

加えて、CoQ10は筋肉細胞を修復し、筋肉の炎症を緩和する効果があることも疲労回復につながると考えられます。

アスリートがCoQ10を利用する理由4.“安全性が高くドーピングの心配がない”

スポーツ選手やトップアスリートはドーピング(不正な薬物を使用すること)を厳しく禁止されています。

CoQ10は体に対する安全性が高く、使用禁止薬物に指定されているわけでもないのでドーピングを指摘される恐れもありません。これもドーピングや厳しい体調管理が求められるアスリートがCoQ10を利用する理由です。

また、市販されているCoQ10の中にはドーピングの恐れがないことを認証(ドイツ認証機関による認証)された製品もあるようです。アスリートがドーピングを指摘されることは選手生命をも脅かすので、サプリメントといえども一般の人よりも使用には慎重になるのです。

これまで挙げてきたように、CoQ10はアスリートのパフォーマンスを向上させるさまざまなメリットがあります。これはアスリートに限らず、一般の人にも同様の効果があると考えてもいいでしょう。

日頃から運動やスポーツを心掛ける人や体を鍛えたい人がCOQ10を利用する価値は大いにありそうです。

ページのトップへ戻る