免疫細胞療法とは

現在多くの抗ガン治療に用いられている「免疫細胞療法」は、別名「ガン免疫療法」とも言われています。人間の身体に元々備わっている免疫機能を活性化させることによってガン細胞を攻撃、治療する方法です。

具体的な方法としては、免疫細胞を活性化させる物質を体内に入れて免疫細胞を刺激し、活性化します。これは能動免疫療法と呼ばれている方法です。また、反対にリンパ球などの免疫細胞を体外で培養・活性化し、再び体に戻す受動免疫療法という治療方法もあります。胃ガンや乳ガンなどのすべてのガンをはじめ、悪性リンパ腫や白血病治療にも使用することができます。

免疫細胞療法は患者さんが持っている免疫細胞を増殖させることで、自然にガンに打ち勝つことを期待されている治療法です。放射線治療や抗ガン剤などの他の治療法に比べて副作用の心配がなく、しかもガンを直接「治療」することができるという点で非常に優れている治療だと言われます。

放射線治療や抗ガン剤治療は非常に副作用が大きく、敬遠される患者さんも多いですが、免疫細胞療法は副作用がほとんどないため、過剰にリスクを負わない治療方法であるともいえます。

通常、健康な人の体内でもガン細胞はいつも作り出されているのですが、免疫細胞が正常に機能しているためガンは発生しても成長することはなく死んでいきます。なので、そうした免疫機能が低下した隙を狙ってガン細胞は増殖、浸食していきます。何らかの原因で免疫力が低下してしまった人には、免疫療法よりも効果的なものはありません。ガンに打ち勝つには外から薬を投与するよりも、生来的に備わった機能をさらに強化する方が確実です。

費用としては数十万単位から数百万までと比較的幅が広く、予算に応じて自由に治療方法を選べるようになっています。まずは医師と予算的な面も含めて話し合いを行い、どんな治療方法があるか、さらにどの治療が効果的かなどを比較検討されることをおすすめします。