活性酸素を減らそう

「活性酸素」とはエネルギーが作りだされる過程で発生するものであり、酸素そのものもしくは水素と化合した状態のことを言いますが、生活習慣病などの危険な疾患の9割が活性酸素によるものであることが研究により明らかになっています。生き物の体内では日々活性酸素が作りだされていますが、的確に分解処理ができなければ色々な疾患を呼び寄せることとなり、非常に危険です。

活性酸素が引き起こす病気としては、生活習慣病以外にも「ガン」があります。活性酸素によって細胞が傷ついたり錆びつくことによってダメージが蓄積し、ガンにつながっていきます。活性酸素はまた、ガンを抑制し自殺させる免疫細胞も傷つけて無力化してしまうので、私たちは日常の生活において活性酸素を発生させないように注意しなければなりません。

少々恐ろしい話ですが、活性酸素は私たちの体内でいつも盛んに作られています。活性酸素自体にも体内に侵入した細菌や病原菌を殺す役割があるため、まったく発生しなければそれはそれで危険ですし、エネルギー代謝の過程で自然に作られるものですから、私たちは活性酸素なしでは生きていくことができません。

活性酸素を減らしたいと思うならば、生産される原因に直接対処するより他ありません。そこでまず問題となるのは、活性酸素に対抗する抗酸化酵素が不足するということです。抗酸化酵素は老化によって自然に減っていくだけでなく、日常生活で受けるストレス、喫煙、紫外線の浴び過ぎ、大気や河川などにみられる環境汚染、化学薬品、その他インスタント食品などに含まれる食品添加物などが原因となっています。

つまり、体内で生産される活性酸素を減らすには、汚染の少ない地域で天然の野菜や魚などを食べてのびのびと過ごせば一番良いということになります。ですが、私たちは便利な生活に慣れきっているので、いきなりライフスタイルを変えるというわけにもいきません。ですので、少なくともストレスを減らすよう努力したり、添加物を摂取しないなどの工夫を続けることが活性酸素を減らすうえで一番有効な方法であるといえます。