免疫細胞を活性化

免疫力をアップさせるには腸から!

全体の60%もの免疫機能を保有するといわれる「腸」は、食事から摂取した栄養素が集約され、吸収される器官でもあります。自分自身の免疫力を高めたい方はまず腸のはたらきを改善、正常化しましょう。

もしも腸の機能が低下すれば、風邪をひきやすくなったりそれ以外の疾患にかかるなど、健康面でも色々と影響が出てきます。普段から腸内の免疫細胞を強化してあげるすることが、免疫力を上げるための一番の方法です。

以下に、腸の力をアップさせる方法を紹介したいと思います。

発酵食品を摂る

腸内環境を改善するには、毎日の食事が一番簡単で効率の良い方法です。食べたものは腸内の働きに少なからず影響を与え、身体全体へ栄養素が行きわたっていきますから、何を食べたかは非常に重要です。

なかでも発酵食品は非常に優秀で、発酵食品に含まれる乳酸菌が増殖すると腸内を弱酸性に保ち、悪さをして環境を乱す悪玉菌の増殖を防ぎます。また乳酸菌はマクロファージやT細胞にも作用するので、総合的な免疫機能を強化することにも役立ちます。よく知られた発酵食品としては納豆・酒かす・ヨーグルト・浅漬け・ヤクルトなどの乳酸菌飲料がおすすめです。

便秘を改善する

乳酸菌だけでなく、食物繊維やオリゴ糖などの栄養素も腸内環境の改善には有効です。便秘になると腸内には悪玉菌が増え、自然と病原菌と戦う能力が落ちていきますから、免疫力維持のためには便秘も一緒に改善してあげる必要があります。乳酸菌だけでは便秘を解消するのに十分ではありませんから、まずは野菜から食物繊維を摂取するようにしましょう。
野菜を食べる暇がない方は青汁やサプリメントなどから食物繊維を摂取し、体内にきらさないようにすると良いかと思います。

その他

腸に刺激を与えるため、マッサージやウォーキングなどの運動、その他リラックスすることでも腸の環境を改善することができます。