半分以上が腸に存在

私たちの身体のなかでも「腸」は、食べ物や飲み物に含まれる栄養素を吸収してくれる大切な器官です。一度吸収された栄養素は身体の各所に行きわたり、一日2食から3食の食事によって生命が維持されていきます。つまり、腸は胃や肺などと同じく非常に大切な器官なのです。

腸は別名「第二の脳」とも呼ばれています。これは、腸に入ってきた栄養素や物質を吸収するだけではなく、その物質が良いものか悪いものかを判断し、記憶するという機能を持っているからです。また、私たちの生命維持に必要な「免疫細胞」もこの腸に多く存在します。

最近特に注目を集めている免疫細胞ですが、そもそも私たちの身体は、口や鼻などから頻繁に細菌やウイルスなどの外敵が侵入しています。そうした病原体も、免疫細胞がなければ容易に繁殖し、私たちの健康な肉体は簡単に損なわれてしまいます。これらの病原体の侵入をくい止めるためにも腸は存在しています。
こちらには免疫細胞とがん治療についてのくわしい解説がありました。オススメのサイトですので、ぜひご覧になってみてください。

全長7mにも及ぶ腸管には、免疫系全体の60%以上ものリンパ球や抗体などの免疫細胞がが集中していると言われています。この免疫細胞を低下させてしまうと、文字通り病原体の温床となってしまいさまざまな疾患が現れてきてしまいます。ですから、子供から大人まですべての人が健康的に生活するために、免疫細胞の活動を低下させないよう注意しなければなりません。

よく、「腸内環境を整えましょう」などと言われることがありますが、単に消化吸収をスムーズにするだけではなく、免疫機能の強化にも腸内環境の正常化は重要な要素となります。環境改善には動物性脂肪を多く摂りすぎないようにして、ビタミンやたんぱく質を摂るようにするなどの食生活改善が有効な方法です。

加齢とともに腸のはたらきも衰えて、段々と免疫力も低下してきます。若いうちから身体に備わっている抗体やリンパ球をどんどん活性化させて、どんな病気にも負けない健康な身体作りを目指したいものですね。
こちらの解説サイトには免疫細胞と病原体について、興味深い解説がありました。こちらもどうぞご覧ください。

私たちは免疫細胞を強化して、健康に長生きすることはもちろん大切ですが、寿命も受け入れなければなりません。そのときに備えて公正証書遺言や自筆証書遺言といった遺言書の作成の仕方を学んでおきましょう。